史跡湯島聖堂,公益財団法人斯文会のホームページ

伝統行事

正月特別参観と元旦素読初め

正月大成殿初公開の様子
史跡湯島聖堂では、正月元日~4日の4日間「正月特別参観」が行われます。

一覧へ戻る

正月の飾り付けが整った杏壇門より大成殿を望みます。

大成殿内では他に、鬼龍子(きりゅうし:大成殿屋根の飾り付けで寛政年間の作、関東大震災で焼け落ちたもの)、鬼犾頭(きぎんとう:同)の展示も同時に行われています。

鬼龍子(きりゅうし)

大成殿屋根の飾り付けで寛政年間の作
関東大震災で焼け落ちたもの


元日、1月1日には湯島聖堂大成殿前において「元旦素読初め」が行われます。

斯文会石川忠久理事長の挨拶があり、
松川先生ご先導による論語素読(本年は公冶長第五でした)が行われました。


素読第一回目は午前11時より、第二回目は午後0時半より行われました。


正月特別拝観期間中、大成殿内に売店が設置され、各種記念品を販売いたしました。

大成殿内の売店で販売された各種記念品

大成殿内の売店で販売された各種記念品






一覧へ戻る

ページの先頭へ戻る

史跡湯島聖堂|公益財団法人斯文会